2017年2月18日土曜日

okeba公式インスタグラム

段々と春の息吹が感じられるようになってきましたね。


okebaでは現在、「遊牧民の手仕事」展と題しまして中東の織物キリムやギャッベの他、
手づくりのガラス製品や手編みのウール靴下などの展示をしております。


普段こちらのブログで展示のお知らせや様子などをお伝えしてまいりましたが、少し前からインスタグラムの公式アカウントを開設いたしました。


パソコンから見ていただくと、ブログ右側のバナーに、インスタグラムアカウントのリンクを貼りつけてあります。
https://www.instagram.com/okeba_gallery/ ←こちらからも飛べます。


インスタグラムのアカウントをお持ちの方は「okeba_gallery」で検索していただくと、



こちらのアイコン写真のアカウントが出てきます!




展示の様子や、作家さんの作品の入荷情報、お得なSALE品の情報など、随時アップしていく予定です。
インスタグラムのアカウントをお持ちでしたら、是非フォローをお願いいたします^^。


****************************************************
staff 加藤

2017年2月16日木曜日

「遊牧民の手しごと」展 がはじまります!

2月17日(金)~は、毎年お馴染みとなりました、キリムとギャベの展示「遊牧民の手しごと」展がいよいよ始まります!




イランからキリムやギャベを仕入れてくるサミットさんの展示も、今年で早4回目!






okebaは広いスペースですので、大きなギャベなどもたくさんお持ちいただけますので、大きいものから小さいものまで、たくさんの商品数の中からお選びいただきことが出来るので、「いつかは欲しいと思っているのだけど、なかなか決められなくて・・」というかたも、これだけむ比べて選べたので納得できた!とご購入になる方も見受けられます!






1つ1つ、手でつくられているというキリムやギャベは、まるで絵画のようで、見ているだけでもとても楽しくなります♪


また、毎年大好評の、キリムで作られた格安バックや、イランガラスの販売も行われます!
去年は迷っているうちに売れきれてしまったと残念な思いをされる方も多かった、小サイズのギャベのB品格安販売も、今年もございます!


ぜひぜひ、お誘いあわせの上ご来店ください!お待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


◆『遊牧民の手しごと』展-キリムとギャベいろいろ-




2017年2月17日(金)〜28日(火)




※2月21日(火)はお休みとなります。


平日11:0017:00 土日祝 11:0018:00(最終日15:00)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2017年2月14日火曜日

暮らしの教室 特別教室「暮しの中で作品をつくること」レポート

2月12日(日)に、暮らしの教室特別教室がmokichi wurst cafe にて開催されました。


古賀充さんと言えば、上の写真のような自然物を作品として形にされる造形作家さんです。
まずはお話の中で、その作品たちがどのような過程を経て作られてゆくかなどを話していただきました。

古賀さんは、まず必ず作品の中で「素材」を探すところから始まるのだそうで、ご自分が思う「美しいもの」をあちこち探しまわるのだそうです。海岸で石を拾うのはもちろん、木をモチーフにされた場合、「美しいと思う木のフォルム」を探し、1日中町中を写真を撮りながら歩くことも。
それが何週間も続くこともあり、時には自分をみうしないそうになることもあると話してくださいました。でもそれは、作業の中でとても好きな部分でもあり、一番楽しいと思えることもあるそうです。

そういった素材に出会えてからは、ひたすら削ったり、切ったりなどの作業に入ります。
その作業も、調子が良かったり、悪かったり・・作業量や集中力のバランスなど、普段は聞けないような繊細な部分も質問などによって細かくご説明くださいました。


例えば古賀さんの代表的なこちらの石の作品。
水は入らない花器なのですが、上部の口の部分を、手作業で削っていくのだそうです。
また、この作業に限らず古賀さんが形作りをされる際にとても大事にしていることの一つが、「素材」が変化するのを出来るだけ自然と近い方法で行うこと。
こちらの作品の場合でしたら、石が川や海で水や砂や石にぶつかり削られて行くように、サンドブラスト(石を吹き付けて削る方法)などの作業をするそうです。

こちらは、貴重なもう作ることのできないという葉っぱを削って木に見立てている作品。
手で葉脈に沿って切って行くのだそうです!

この作品に限らず、それぞれの素材に対峙し、自然な流れを壊さないように作品を造っていらっしゃり、作業の疲労というのは、物理的なことよりも、「素材」に対して気を使いながらしてゆくところが大きいというお話が印象的でした。


普段では、なかなかお聞きする機会のない、アーティストの作業風景に触れることが出来、とても貴重なお話が満載でした。
私も作家ではないですが、「素材と向き合う」というお話は、どのような仕事にも共通する部分であり、共感できるお話がたくさんあって背筋が伸びると共に、作家さんの想いをきちんと伝えることの大切さを再認識する機会となりました。

古賀さん、ありがとうございました!

[暮らしの教室から 3つの質問]
■古賀さんのターニングポイント
特にここがターニングポイント!ということはなく、自然に沿って制作している。
■幸せのモノサシ
制作に集中してひたすら作業することと、OFFにボーっとすることのバランス。ボーっとするのが好き。
■これから望む社会
 理屈や言葉・名前が先行した堅苦しい社会ではなく、人間に即した自由があって欲しい。


2017年2月11日土曜日

ギャラリートークレポ★ドゥシャン・カーライとスロバキアの絵本を楽しむ会

2月5日(日)敷地内wurst cafeにて
現在開催中のドゥシャン・カーライ展を主宰している江森氏によるギャラリートークが行われました。
今回は、遠くは愛知県からと熱心なカーライファンの皆さまに参加いただきました。


作品が素晴らしいだけでなく、優しくておおらかで誰にでも平等なお人柄の
カーライさんに惚れ込んでしまったという江森さん。


長年に渡り親交を深めてこられたのも、そのお人柄あってのこと。
そんなカーライさんとのエピソードを、カーライファンの皆さまは羨望の眼差しで
江森さんのお話に聞き入っておられました。


その後、お話はカーライさんのことのみにとどまらず
スロバキアの社会情勢を背景に芸術や絵本がどのように発展してきたのか
カーライさんの師である、ヴィンセント・フォルジェニック先生のことなど多岐に渡りました。
【スロバキアの主要な絵本作家がまとめられているという
作品集を手に説明される江森さん】


日本では発売されていないというカーライさんの作品集は、どのページも美しく
参加者の方は1ページ1ページじっくりとめくっていらっしゃいました。

一通りのトーク終了後、参加者のみなさまは江森さんがお持ちになった貴重な蔵書票の版画を食い入るようにご覧になっていました。

江森さん、貴重なお話をどうもありがとうございました。
参加者の皆さまも、ギャラリートーク後は、okeba galleryにて開催中の
カーライ展に移動して、一層じっくりと作品を拝見されていらっしゃいました。
ご参加いただきありがとうございました。
【参加者の方に配られたお土産の
展示期間限定のカーライラベルビールとスロバキアの切手】

江森コレクションのドゥシャン・カーライ展はokeba galleryにて
2月15日(水)まで開催中です。
カーライさんと奥様のカミラさんがこの展示のためにラベルを描きおろしてくださった
展示期間限定販売のビールの発売もございます。


貴重な原画やスロバキアの絵本の世界を、是非この機会にokeba galleryにてご堪能ください。


【左 カーライ氏ラベル『シュバルツ』540円】
【右 カミラ氏ラベル『アルト』540円】


*********************************************************
「ドゥシャン・カーライ展」
2017年2月3日(金)~2月15日(水)
平日 11:00~17:00
土日祝 11:00~18:00
会期中無休
*********************************************************
staff 吉川








2017年2月3日金曜日

ドゥシャン・カーライ展はじまりました

原画とビールを楽しむドゥシャン・カーライ展がはじまりました。
コレクターの江森清さんによる企画展になります。
江森さんが長年かけて集めた素晴らしいカーライ作品の数々が
okebaの空間に彩を添えてくれています。


カーライ氏のエッチング、水彩画、銅版画などの貴重な原画をご覧いただけます。
【カーライ氏 原画 エッチング】
【カミラ氏 原画】


カーライご夫妻の絵本の他にもスロバキアの著名な絵本作家の作品もご覧いただけます。


【右 5000部しか刷られていないとても貴重な絵本】


日曜日以降になりますが絵本の一部販売もおこなわれます。


その他にもカミラ夫人の作品や、カーライ氏の手掛けたレコードジャケット
映画ポスターなど貴重な作品がご覧いただけます。
そのレコードにおさめられた劇中歌をokeba内でも流しております。
椅子も用意しておりますのでレコードを聴きながら
カーライ夫妻の素晴らしい世界をゆったりとお楽しみください。





またこの展示に合わせてカーライ夫妻が湘南ビールのラベルを
描きおろしで手掛けてくださいました。
会期中限定販売となっておりますので記念に、プレゼントに、ぜひどうぞ。
【左 カーライ氏ラベル『シュバルツ』540円】
【右 カミラ氏ラベル『アルト』540円】


*********************************************************
「ドゥシャン・カーライ展」
2017年2月3日(金)~2月15日(水)
平日 11:00~17:00
土日祝 11:00~18:00
会期中無休
*********************************************************
staff 前田

2017年2月2日木曜日

加藤亜希子さんの「おやつのうつわ ごはんのうつわ」展がはじまりました!

本日よりokebaでは、陶芸家・加藤亜希子さんの「おやつのうつわ ごはんのうつわ」展が始まりました!!


今回は「食べること」を楽しむのがテーマの器の展示ということで、さまざまなおやつ・ごはんにぴったりの器たちが並びます!カラフルな絵付けのもの、変わった形のもの・・・あなたの食卓で、不思議な存在感を醸し出してくれるはず!!



今回も加藤さんらしい、とてもカラフルだけど温かみのある、優しい器たちが並んでいます!
どれも1つ1つ、手書きで描かれたもの。同じような絵柄でも、どれも1つ1つ違いがあります。



また、常設では器はもちろんのことながら、大人気でいつもなかなかたくさんは見ることのできないブローチ・ヘアゴム・スプーン・などもたくさんお持ちいただいています♪
ぜひぜひ、いろいろと見比べたいという方はお早めにご来店ください!


また、新作も届いております!こちらはオーブンでお使いいただけるというスープカップ。
こちらもほっこり優しい風合いです*ぜひ、直接その温かみに触れていただければと思います!


お待ちしております!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆『おやつのうつわ ごはんのうつわ-加藤亜希子作陶展-

2017年2月3日(金)〜28日(火)

※2月16日(木)、21日(火)はお休みとなります。


平日11:0017:00 土日祝 11:0018:00(最終日16:00)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2017年2月1日水曜日

加藤亜希子さんの「おやつのうつわ ごはんのうつわ」開催!

まだまだ寒い日が続きますが、ほっこり温かくなるような展示のお知らせです。


okebaのスタッフでもあります、陶芸家・加藤亜希子さんの作陶展「おやつのうつわ ごはんのうつわ」が、2月3日より開始いたします!
カラフルでとても楽しい手描きの器が代表的な加藤亜希子さん。
okebaでの展示も毎回ご好評いただいており、常設の器も、入るたびに出てしまうので、なかなかたくさんの中からお選びいただくというのは機会が少ないなと思われる方も多いのではないでしょうか?そんな方にはやはり、個展でたくさんのアイテム・柄を見比べていただければと思います!



また、今回は「食べること」を楽しむのがテーマの器の展示ということで、さまざまなおやつ・ごはんにぴったりの器たちが並びます!カラフルな絵付けのもの、変わった形のもの・・・あなたの食卓で、不思議な存在感を醸し出してくれるはず!!


また、その他にも、毎回展示の度に大好評の花器やスプーン・お箸置きなどの小さなアイテムもご覧いただけます!
ぜひぜひ、お誘いあわせの上ご来店ください♪
お待ちしております!


+++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆『おやつのうつわ ごはんのうつわ-加藤亜希子作陶展-



2017年2月3日(金)〜28日(火)


※2月16日(木)、21日(火)はお休みとなります。



平日11:0017:00 土日祝 11:0018:00(最終日16:00)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石