2015年10月28日水曜日

R指定展」gunung+竹平工務店 始まりました♪

毎年、この時期恒例のgunungさんの展示が始まりました!今年はgunungさんの作るチューブスツールの足などをお作りの竹平工務店さんとの2人展です。昨年までとは違い2Fのギャラリーから1F入口付近にと場所も変えてまた雰囲気も異なります。

左は常設でも大人気の自転車チューブを使ったgunungさんのスツール。パイピングの色によって雰囲気も変わり楽しめます。右は古着を座面に使った竹平工務店さんのスツール。どれも趣味のよい布地です。イスの足はどちらも竹平工務店さんがこれまた廃材を使って作っています。
 
ベンチタイプはあまり作られないレアものです!今後もあまり作られることはないそうなのでご希望の方はこの機会に是非!


では、まずはGunungさんの作品から軽くご紹介させていただきます。
今回もおもしろい作品が目白押しですよ。こちらはなんとトレーナーの袖の部分を使った袖バック。
実用的かは?ですが(笑)、注目されること間違いなしです!
 
こちらはタイヤファスナーシリーズの1つ。ファスナーをぜ~んぶ開けると一本のタイヤのチューブにになるのです!ご旅行の際にはコンパクトに持って行き組み立てて使うなんてことも!
 
以前、ご紹介した経済産業省の地方創生事業 The wonder500に選ばれたペンケースも
 
 
展示の度に大人気の全て形の違う一点ものバッグもたくさんございます♪
他にもリップケースやiphoneカバー・・・細かいものも多数♪♪

そして東京で工務店を営まれている竹平工務店さんの作品がこちら。普段家を建てるお仕事をされている工務店さんならではの廃材をうまく使った丁寧な作業の木工作品。一輪挿しやコースター、時計もありますよ!
 
カッティングボードにはコップを置く溝もあり、そのままプレートとしてもお使いいただけます。
竹平工務店さんのfaceebookはこちら
 
次の土曜日にはこんなお二人が・・・みなさまのご来場をお待ちしております!
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「R指定」展 gunung+竹平工務店
2015/10/28wed-11/10tue
平日:11:00-17:00
土日祝:11:00-18:00 最終日16時まで
 
●gunung:山本敦 www.gunung.jp
自転車のタイヤチューブや廃材品などを素材に、upcycleなものづくりをしています。
 
●竹平工務店:竹平恵次
本業の大工業と平行して、建築端材や古材を使った家具や木工作品を作製しています。
 
Recycle リサイクルをテーマに、本来捨てられてしまう廃材を素材として活かし制作した作品を展示販売いたします。(DMより)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff吉川

2015年10月22日木曜日

gunung+竹平工務店による「R指定」展始まります!


10月28日より、常設にてお取り扱いさせて頂いております、GUNUNGさんと、お友達の竹平工務店さんによる、「R指定」展がいよいよ始まります!



毎年この時期に個展を開催していただいているokebaではお馴染みのGUNUNGさん。
自転車のある生活をテーマに、自転車の部品や廃材を取り入れた作品を制作されています。


小さな小物からバックやスツールなどの家具まで制作されるGUNUNGさん。
バックや小物をご購入された方から、とても使いやすい!というお声もたくさん頂きます。
私自身も使わせていただいているアイテムは本当に使いやすく、お気に入りです♪

自転車好きの男性はもちろんのこと、女性が使ってもカッコいいアイテムばかりです。
個人使いのほか、これからの季節ギフトにもおすすめです!
是非この機会にお気に入りの逸品を見つけて下さい。


また、今回GUNUNGさんと一緒に展示をしていただくのはGUNUNGさんとお友達でもある竹平工務店さん。さらに大きな家具やお家などを日ごろから制作されているスペシャリストですから、どんなものが並ぶのか、また、GUNUNGさんとのコラボレーションをどんな風に演出してくださるのか、とても楽しみです!
 

ちなみに、okebaでお取り扱いさせて頂いている、大変人気のあるGUNUNGさんのこちらのスツール(写真上)。木の部分は竹平工務店さんに制作していただいているものだそうです。
今回は写真下のような、竹平さんのオリジナルの座面のものも並びますので、いつもとは少し違うスツールもご覧いただけます。
その他の家具などもどうぞお楽しみに♪
 

家具以外にも、竹平さんの技術を駆使した写真のような小物も並びますので、ぜひ一度手にとってご覧くださいね!

私は、いつも買いそびれていたGUNUNGさんのリップホルダーを今年こそは!と意気込んでおります!他にもたくさんのアイテムを見るのが今からとても楽しみで待ちきれません♪

ぜひ、みなさんお誘い合わせの上、お出かけ下さい♪
お待ちしております!


++++++++++++++++++++++++++++++++
【竹平工務店】

竹平 惠次
 
1975年東京生まれ

一級建築士

東京は江戸川区で小さな工務店を営んでいます。2011年にgunungさんからの誘いで製作開始。
主となる材料は現場で出た端材、材木屋の軒下に長く放置してる材料などを利用しています。
作品数は少ないですが、気に入ってもらえる物があればうれしいです。
++++++++++++++++++++++++++++++++
 
GUNUNG+竹平工務店 「R指定」展
 
会期 : 10 月28日(水)-11月10日(木)

平日 : 11:00~17:00
土日祝 : 11:00~18:00
最終日 : ~16:00会期中無休
 
++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2015年10月18日日曜日

新入荷のお知らせ☆手吹きガラスの小物

本日は、中東のイランから特価品のガラス製品がたくさん届きましたので、ご紹介いたします。



 
たくさんあります!


 
 
 
イランの職人さんによる手吹きのガラスコップやワイングラス、小鉢や写真にあるような片口などもございます。
どれもか形は不揃いですが、中からお気に入りのサイズや形のものを見つける楽しみもありますよ♪
 
 


中にはこんなカラフルなしましまコップもあります。
数は少なめですが、ブルーやグリーンの色つきカップもございます。早いもの勝ちになりますので、気になる方はお早めにお越しください!

こちらの商品はお値段も魅力なのですが、特価につきどれでもお1つ324円(税込み)となります。
たくさん揃えられるのも嬉しいですね。

こちらの商品は無くなり次第終了となります。
ぜひお見逃しのないようにご来店お待ちしております。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
staff加藤
 

暮らしの教室レポ☆「コーヒー学入門!」


本日は、10月17日に行われました暮らしの教室特別教室、「コーヒー学入門」のレポートをお伝えいたします。

今回の暮らしの教室では、今年オープンのmokichi wurst cafeや熊澤酒造各レストランでも取り扱っているコーヒー(mokichi blend)を焙煎してくださっている27 CoffeeRoatersのオーナー葛西甲乙さんをお招きして、自身の体験談を含めたコーヒーのお話をしていただきました。




始めは葛西さんによるスライドを使っての講義がありました。
コーヒー豆の買い付けの様子などを実際のお写真を交えながらお話をされていました。

ご自身も国際審査員として参加されている、Cup of Excellence 国際品評会の様子など、普段私たちが知ることのない会の様子などを拝見することができ、貴重な体験をさせていただきました。





講義のあとに、葛西さんがお持ちになったコーヒー豆を、銘柄は言わずにみなさんに試飲していただき、どれが美味しかったか、どのような味で気に入ったかなどをみなさんで発表しあっていました。テイスティングの仕方も、ワインのように香りの印象や風味、口に含んだ時の質感などで表現することなどを教えていただきました。
最後に産地と銘柄の種明かしをして、盛り上がっていました。




最後は美味しいコーヒーの入れ方をワークショップ形式で教えていただきました。

様々なコーヒー器具を使ってのドリップの仕方をご提案していただきました。

最近は一般的になってきた、円錐型のペーパードリッパーやクレバードリップというサイフォンのようにコーヒーの粉をかき混ぜて、さらにドリップするというやり方の器具をご紹介いただきました。

ペーパー以外では、フレンチプレスやエアロプレスという大きな注射器のような器具を使って淹れるやり方を教わりました。
どの器具でも先生が横にストップウオッチを置いて、時間を測りながら淹れていたのが印象的でした。
先生のように淹れられるかは練習が必要だとは思いましたが、どんなやり方でも好みで変わっても良いとおっしゃっていたので、自分でも頑張って淹れてみたくなりました。




終始、コーヒーの良い香りに包まれながらの会で、先生のフレンドリーなお話の仕方も相まってとても和やかに時間が過ぎていきました。

最後に葛西先生に質問コーナーを設けさせていただき、みなさん真剣にお聞きになっていたようでした。

葛西さん焙煎のコーヒー(mokichi blend)は、熊澤酒造敷地内のレストランやカフェでもお飲みいただけますし、お豆の販売もしておりますので是非ご利用くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
27 CoffeeRoatersオーナー 葛西甲乙(かさい こおつ)

71年生まれ
97年より「かさい珈琲」を開業
2005年より生産国を訪問して、コーヒー豆の買い付けを始める
2008年にはCup of Excellence 国際 品評会、 国際審査員として神奈川ではじめ
て選ばれる。
その後、今年5月に開催されたコスタリカをはじめ、7ヶ国の国際審査会へ参加している。
現在でも県内唯一の審査委員として毎年、生産国へ足を運んでいる。

これまで訪れた主な産地はブラジル、コロンビア、ボリビア、ニカラグア、ホンデュラス、エルサルバトル、グアテマラ、コスタリカ、ケニア、エチオピア、ルワンダ、ブルンティ、インドネシア。
SCAJスペシャルティコーヒー協会のメンバーとしてコーヒー普及事業に参加、2008年よりバリスタチャンピオンシップ大会センサリージャッジとしても活動している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らしの教室はあなたの暮らしをちょっとだけ楽しくする教室です。 でもそれは確実にあなたの視点を変え、あなたとあなたの大切な人を幸せにするヒントがあるはずです。
(okebaは暮らしの教室の4つの拠点のうちのひとつです。)

↓暮らしの教室ホームページ
http://monosashi.me/

*****************************************************************
staff加藤







2015年10月15日木曜日

Notfactory Exhibition 2015 at okeba 始まりました!

秋の気候の良い日が続き、お出かけ日和な季節となってきましたね。
そんな中、okebaは昨日、Not factoryこと能登隆行さんのカバンの搬入が無事終了し、今日からまたがらりと違う雰囲気に様変わりしております。
 
今回は様々なアイテムを全部で90点ほどお持ちいただきました!
これだけの数の鞄が並ぶのは圧巻です!

能登さんの代表的なデザインである、こちらのトートバッグ。絵を描いたようなイメージのものだそうです。こちらはこんなにたくさんの中からお気に入りをお選びいただけます!
そして、どれも世界にたった一つだけの1点物です。

人とは違う物、変わったモノをお探しの方の為のブランドです、とおっしゃるNot factoryさん。
FashionとArtの狭間に位置するような作品を提案したいという思いで制作されています。

こちらのバッグはブーツの革で作られているのだとか!
幅が約60cmほどもある大きなバッグです。
こんな鞄は他では見たことがなく、見ていてとても面白いです。

こちらは、食パンの金型をイメージして制作されたものだそうです。
また、一枚革で制作されており、縫い目はサイドの部分だけなので、とても丈夫です。
コンパクトなようでたくさん入るので実用性もポイントが高そうです!

また、ポシェットやポーチなどの小物もたくさんご用意いただいております♪
どれも1点ものですので、気になる方はお早目のご来店をおすすめいたします!

ぜひみなさん、お気に入りの1点を探しにいらして下さい。
お待ちしております!

+++++++++++++++++++++++++++++

【Notfactory Exhibition 2015 at okeba】


会期 : 10月15日(木)-10月26日(月)

平日 : 11:00~17:00

土日祝 : 11:00~18:00

最終日 : ~16:00

 *10月20日はMOKICHI TRATTORIA,MOKICHI wurst cafe,天晴は定休日になります。

+++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2015年10月13日火曜日

【Notfactory Exhibition 2015 at okeba】が始まります。

賑やかだったオクトーバーフェストが終わり、いつもの熊澤酒造に戻りました。

OKEBAでは10月15日(木)~革作家のNotfactoryさんの展示が始まります。
人とは違う物、変わったものをお探しの方は、是非ご覧になっていただきたい展示です。


 


 

okebaでは約三年ぶりの個展になります。
秋も深まり、これからの重ね着コーディネートに加えたくなるような、あたなだけのかばんに出逢えるかもしれません。

****************************

Notfactory Exhibition 2015 at okeba
会期 : 10月15日(木)-10月26日(月)
平日 : 11:00~17:00
土日祝 : 11:00~18:00
最終日 : ~16:00
*10月20日はMOKICHI TRATTORIA,MOKICHI wurst cafe,天晴は定休日になります。
 
****************************
staff 野口

2015年10月10日土曜日

コーヒー学入門--暮らしの教室10/17(土)開催!

10月17日(土)の暮らしの教室 特別教室@okebaは、27 CoffeeRoatersのオーナー葛西甲乙さんをお招きして、コーヒー学入門!「全ては最高の一杯のために」開催いたします。

27 CoffeeRoatersのオーナー葛西甲乙さんは、今年オープンのmokichi wurst cafeや熊澤酒造各レストランでも取り扱っているコーヒー豆(mokichi blend)を焙煎してくださっています。講義では、自身の体験談を含めたコーヒーのお話をしていただきます。

定員まであとわずかとなりました。ご興味をお持ちの方は是非、お早めにお申込みください。

詳しくはこちらをご覧下さい。

2015年10月8日木曜日

「ドリームキャッチャーを作ろう!」ワークショップレポ

ただいま展示中の15名の作家による「贈りモノ展」、連日たくさんのお客様にお越しいただいております。

その中の作家さんのお一人、Seven ☆ marchの小瀬 由美子さんによるドリームキャッチャー作りのワークショップが開催されましたので、その模様をお伝えいたします。


まずは、ドリームキャッチャーというものについて、小瀬さんにお伺いしました。諸説あるのですがということですが、ドリームキャッチャーとは
「悪い夢は網にかかり、良い夢だけを見ることができる」
と言われるアメリカンインディアンに伝わるお守りです。
眠りについたときに見る夢に重要なメッセージを感じる 彼らにとって、希望に満ちた一日の始まりを迎えるための大事なアイテム。
子供の健やかな成長を願い親が作って贈っていたとも言われています。

「良い夢を見たいな」と常に考えること=夜に見る良い夢だけでなく、将来こうなりたいなというポジティブな夢をイメージすることと繋がっているような気がするので、その近道になればいいなと思うのです。

とのことでした。なるほど。。そのような謂れがあったのですね。
そんなお守りを自分で作れるというのも、また喜びになりそうですね。
では、製作過程を少しですが見てみましょう。


 
 


こちらは材料となる蔓で出来た枠と、網部分の糸、飾りにつける羊毛やタッセルです。




ご参加のみなさんの様子です。みなさん和やかな雰囲気のなか、先生の優しいご指導のもと、糸と飾りの組み合わせなどあれこれ試しては盛り上がっておられました。






こちらがみなさんの完成品です!ヒモの掛け方や飾りの付け方に個性が出ますね。
みなさんとてもナチュラルで素敵な作品に仕上がりました。

講師の小瀬由美子さんのドリームキャッチャーも販売しております。
小瀬さんの作品はかたちも三日月型や楕円型などかたちも様々で、天然石の飾りが美しく、いっそうお守りとしての効果がありそうです^^

展示会は連休最終日の12日までとなります。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


*********************************
【贈りモノ展】

会期 : 10月1日(木)-10月12日(月)
平日 : 11:00~17:00
土日祝 : 11:00~18:00
会期中無休
*********************************

staff加藤






2015年10月6日火曜日

熊澤酒造Oktober Fest&okebaのミニ骨董市開催!

今週末の3連休、10月10日(土)、11日(日)、13日(月)は、毎年恒例の熊澤酒造・オクトーバフェストを開催致します!
毎年大変な賑わいを見せるオクトーバフェスト。
去年は1日で1800人にお越しいただいたという記録的な日もあり、3日間とも1000人を越えるお客様にお越しいただいております。

この3日間は、熊澤酒造敷地内のレストラン・パン屋さん・カフェ共に、ご自由に出入りができ、共通のチケットをお求め頂いて、好きな場所でお酒やお食事を楽しんでいただけます。
敷地内がお祭りのような雰囲気でとても楽しく、毎年楽しみにしてくださるというお客様のお声もよく耳にします。



さて、その3日間、okebaでは去年から開催を始めました、ミニ骨董市を今年も開催致します!
okebaでお馴染みもののめやをはじめ、去年出展していただいたh.dヴィンテージさんとその奥様、花と古道具urikke(ウリッケ)さんにご参加いただきます。
そして、今年はもう1店舗・UND(ウント)さんにご参加いただきます!
UND(ウント)さんは、あまり骨董市の出展はされない、知る人ぞ知る骨董屋さん。
今回は熊澤社長のお友達ということもあり、ご出展していただけることに!
出展している私(もののめや)がたくさん買ってしまいそうです!
どのお店も少しカラーの違う、とても楽しい古道具たちが並びます♪
お楽しみに!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++
◆UND(ウント)
国内外の土産的古雑貨、グラフィカルなプロダクトを扱う古物系露天商。
 
 
 

h.d.ヴィンテージ
国内国外問わず 集められたデザインの優れたヴィンテージの時計や電卓 万年筆 ミニカーなどなど。

花と古道具urikke(ウリッケ)
店主の好みで集まった ちょっとおもしろい古いものと 個性的な植物のお店です。



もののめや
http://www.mononomeya.com/
ぬくもりのあるくらしの道具屋。
ふだんの暮らしに加えたらなんだか楽しいとか、置いてあったら味が出て和むなど、暮らしに取り入れて楽しめる道具たちをご紹介できたらと考えています。


 

+++++++++++++++++++++++++++++++++
もののめやは、ふだんのokebaでは見ることの出来ないたくさんの道具たちを、リーズナブルに販売いたします!
ぜひ、遊びに来てください♪
お待ちしております!

2015年10月4日日曜日

ステンドグラス☆ワークショップレポ

秋晴れの気持ちよい空気の中、石井千晶さんのステンドグラスワークショップが開催されました。
オープンと同時に多くのお客様にご参加いただきました♪
随時受付のワークショップでしたので、当日参加のお客様も!

作品はキーホルダー、サンキャッチャー、フォトフレームの中からお選びいただきます。
 
作るものが決まったら、好きな色のガラスを配置していきます。 
 
銅のテープをガラスに巻きつけていきます。
お子さんたちも器用に巻いていきます。
 
先生のご指導のもと、はんだごてで金属を溶かして銅を覆います。
 
細かい作業工程をいくつか踏んで、思い思いの作品が出来上がりました!
みなさんどれも素晴らしい!



午後もたくさんのお客様にご参加いただき1日中にぎやかなワークショップとなりました!
ご参加いただいたみなさま、講師の石井千晶さんありがとうございました。
石井千晶さんは現在開催中の「贈りモノ展」のお一人としてご参加いただいております。
展示はまだまだ始まったばかり!是非、ご来店下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++
【贈りモノ展】→展示詳細はこちら

会期 : 10月1日(木)-10月12日(月)
平日 : 11:00~17:00
土日祝 : 11:00~18:00
会期中無休
++++++++++++++++++++++++++++++++

尚、10/7は同じく「贈りもの展」にご参加の小瀬由美子さんのワークショップもございます。
こちらは予約制です。まだ残席ございます。お申込みお待ちしております。

◆ワークショップ「ドリームキャッチャーを作ろう」

 
蔓で作った枠にヒモをかけていただき、羊毛の飾りをつけて、オリジナルのドリームキャッチャーを作ります。                                         
オプションで天然石や羽根、ドライフラワーなどを付ける事も出来ます。
(オプションは100円から500円で購入可)
※小学校高学年以下は保護者同伴でお願いします。


日時: 10月7日(水) 11:00~12:30 ・ 13:30~15:00
定員: 8名
料金: 2000円から(材料費込み)
講師:小瀬由美子

茅ヶ崎在住。seven*march主宰。
ドリームキャッチャー、ハンドワークで成形した14kgf金具のオリ ジナルピアス、石のアクセサリーを主に製 作しています。全く違うジャンルですが、私の中では何かをつくり出す時にしっくり収まる素材達です。2016年には初の著書、「おとなかわいいド リームキャッチャー(仮)」を発売予定。


ご予約、お問合せはokeba  gallery&shopまで
tel:0467-50-0252
mail:okeba@kumazawa.jp
参加日、お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上
お申込みください。

みなさまのご参加心よりお待ちしております。
+++++++++++++++++++++++++++++++++
STAFF吉川