2016年10月29日土曜日

フクイリハルさんお繕いワークショップのお知らせ

穴が開いてしまった靴下やお気に入りのお洋服を楽しく可愛く繕ってみませんか?
お繕いワークショップでは「暮しの手帖」などでも取り上げられて話題となっている
木製のダーニングマッシュルームというキノコ型の道具を使います。






ダーニングマッシュルームはokebaの常設作家の遠藤マサヒロさんの作品です。
11月17日(木)~30日(水)の遠藤さんの展示期間中、
okebaにてダーニングマッシュルームをご購入いただけます。


ご参加は中学生以上になります。
なお、カフェでの開催のため、お一人様1ドリンクオーダーお願いいたします。


**************************************
【日にち】2016年11月20日(日)・27日(日)
【時 間】11:00~13:00 15:00~17:00
【場 所】mokichi wurst cafe
【講 師】アトリエ・イド フクイリハルさん
【定 員】各6名
【料 金】2,000円(糸代込)
■お申込み・お問合せ■
 okeba gallery&shop
tel  0467-50-0252
mail okeba@kumazawa.jp
メールでのご予約は、お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
夜間、定休日のお申し込みはメールにてお願い致します。

**************************************
staff前田

暮らしの教室特別教室レポ☆「ANIMALSー木彫りの動物たちができるまでー」

本日は10月22日に行われた暮らしの教室、彫刻家の三沢 厚彦さんのトークショーの模様をお伝えいたします。


日本を代表する彫刻家のお一人である三沢さんのお話を間近で聞ける機会とあって、たくさんの方にお集まりいただきました。






会場となったmokichi wurst cafeにもアニマルたちが!
小さめの彫刻なので、間近でじっくりと見ることが出来て、貴重な機会となりました。



トークショーが始まるやいなや木のかたまりをノミで削り出した三沢さん。三沢さんが彫刻を作る際に良く使われているという樟(クス)の木は、防虫剤にも使われる香木で、削りたての木くずを嗅ぐとスッキリとしたメンソールのような香りがしました。


スライドでこれまでの展示会の様子を見ながら、ご自分の彫刻を展示する時の建物(空間)と彫刻の相互関係や、見せ方を変えることで同じ彫刻でも受け手の印象が全く変わってしまうことなどをお話しいただきました。
三沢さんの彫刻は、作り終わった後,空間に配置することで初めて完成するということです。
確かに、アトリエでの制作過程もスライドで見させていただきましたが、場に配置することで動物たちが生き生きとしているようにも見えました。

アトリエでの制作風景のスライドでは、樟の大木を大胆にチェーンソーで切ったりつなげたりしていらっしゃいましたが、重機を使いながらも数人で作業をしていらしたことにもびっくりいたしました。
動物たちはほぼ実寸大で作ることをこだわりに持っていらっしゃるそうで、そのダイナミックさに圧倒されます。
木に直接デッサンをしながら彫り進めていって、ノミを使っての仕上げ作業は三沢さんがお一人でされるようです。ノミで彫る工程にも、作家さんそれぞれのタッチがあるそうで、他の人には任せることのできない部分なんだそうです。


トークショーのおしまいに、ご参加のみなさんからの質問タイムとなりました。
今回はクリエイターの方のご参加も多く、印象的な「目」を作るときはどんなことを考えているのかなど、作り手さんならではの質問もありました。
最後に三沢さんの書籍にサインをしていただいたり、直接お話しできる時間もあり、終始和やかで楽しい会となりました。

三沢さんは現在、静岡県のヴァンジ庭園美術館にて「生きとし生けるもの」展に参加されています。
11月29日(火)までの展示となります。http://www.all-living-things.com/
新作のホワイトライオンなどもご覧いただけますので、ご興味のあるかたは見にいかれてみてはいかがでしょうか。

*******************************************************
-三沢厚彦 Atsuhiko Misawa-
【Profile】

1961年京都生まれ
1989年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。
2000年動物の姿を等身大で彫った木彫「ANIMALS」シリーズを制作開始。同年より西村画廊(東京)で個展開催。
2001年に第20回平櫛田中賞を受賞。
2002年初の作品集「三沢厚彦 アニマルズ」(求龍堂)を刊行。
2007年から「三沢厚彦 ANIMALS+」展が平塚市美術館を皮切りに全国5会場を巡回。
その後も各地の美術館で個展を多数開催し好評を博す。近年の個展に、2013年に三重県立美術館、浜松市美術館、2014年高松市美術館、岩手県立美術館、周南市美術博物館、2015年高梁市成羽美術館、釧路市美術館など。今最も注目されている木彫作家の一人。近著に2013年の作品集『ANIMALS No.3』(求龍堂)、『動物の絵』(青幻舎)。
*******************************************************

暮らしの教室はあなたの暮らしをちょっとだけ楽しくする教室です。 でもそれは確実にあなたの視点を変え、あなたとあなたの大切な人を幸せにするヒントがあるはずです。
(okebaは暮らしの教室の4つの拠点のうちのひとつです。)

↓暮らしの教室ホームページ
http://monosashi.me/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 加藤







2016年10月23日日曜日

墨や絵の具で作るオリジナル年賀状ワークショップ 開催!

10月も終わりに近づき、今年も残すところあと2ヶ月ちょっととなりました!
年の瀬が近づいてきますと、気になることの1つが年賀状ですよね。
そんな方に、是非ご参加いただきたいのが、今回初めて開催のこちらのワークショップです!


今回初めて開催していただきますのが、書画の作家さんである、「てぶらで書」の中島裕子さんによる、年賀状を制作するワークショップです!



墨や絵の具を使って、上のような文字を使った年賀状を作成することができます。
来年の干支は「酉(鳥)」ですので、この「酉」の文字でオリジナルの年賀状を書いてみましょう。
ワークショップは書画に自信のない方でも、どなたでもご参加いただけます!
また、制作したカードは、インテリアとしてもお使いいただけます。


ぜひぜひ、来年はいつもと一味違った年賀状を送りましょう!


みなさまのご参加をお待ちしております♪




+++++++++++++++++++++++++++++++++
◆ 墨や絵の具で作るオリジナル年賀状ワークショップ

日付:11月14日(月)・27日(日)
時間:①10:00~11:30 ②14:00~15:30
会場:mokichi wurst cafe (熊澤酒造敷地内)
講師:てぶらで書 中島裕子
参加費:2000円 ※ワンドリンクオーダーをお願いいたします。
定員:10名


◆お申込み・お問合せ okeba gallery&shop
tel  0467-50-0252
mail okeba@kumazawa.jp
メールでのご予約は、お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
夜間、定休日のお申し込みはメールにてお願い致します。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2016年10月16日日曜日


いよいよ今週末10月22日(土)に彫刻家「三沢厚彦」氏のトークショーが開催されます。
なんと、まだ若干名お席がございます!三沢厚彦さんはご存知の方も多いと思いますが、大変有名な方で、ご多忙な方です。今回作家ご本人から直接制作にあたってのお話を聞けるのは大変貴重な機会ですので是非是非、参加をお待ちしております。三沢さんのお仲間(ANIMALS)たちもカフェに現れるかもしれませんよ♪

詳細はこちらをご覧ください。↓
今回の暮らしの教室は、日本を代表する彫刻家のお一人である三沢厚彦さんによる動物彫刻「ANIMALS」のシリーズのミニ展示&トークショーです。トークショーでは制作途中の作品をスライドでご覧いただきながら、制作過程のお話や作品作りへの思いなどを三沢さんご自身に語っていただきます。


トークショーの後には三沢さんにもご参加いただく懇親会を予定しております。(希望者のみ・有料。軽食付き)ユーモラスな表情の中に力強い生命力を感じる「ANIMALS」をご覧いただきながら、三沢さんのトークをお楽しみください。
-三沢厚彦 Atsuhiko Misawa-

1961年京都生まれ。

1989年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。

2000年動物の姿を等身大で彫った木彫「ANIMALS」シリーズを制作開始。同年より西村画廊(東京)で個展開催。

2001年に第20回平櫛田中賞を受賞。

2002年初の作品集「三沢厚彦 アニマルズ」(求龍堂)を刊行。

2007年から「三沢厚彦 ANIMALS+」展が平塚市美術館を皮切りに全国5会場を巡回。
その後も各地の美術館で個展を多数開催し好評を博す。近年の個展に、2013年に三重県立美術館、浜松市美術館、2014年高松市美術館、岩手県立美術館、周南市美術博物館、2015年高梁市成羽美術館、釧路市美術館など。今最も注目されている木彫作家の一人。近著に2013年の作品集『ANIMALS No.3』(求龍堂)、『動物の絵』(青幻舎)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
暮らしの教室 特別教室

◆ 三沢 厚彦トークショー 「ANIMALS ‐木彫りの動物たちのできるまで‐」

日付:10月22日(土)
時間:トークショー  受付15:00~ 開始15:30~17:00
    懇親会  17:00~(希望者のみ・有料。軽食付き)
会場:mokichi wurst cafe (熊澤酒造敷地内)
講師:三沢 厚彦(彫刻家)
参加費:トークショー 大人1,500円(1ドリンク付)/小学生1,000円
 ※中学生からは大人料金になります。
懇親会はお1人1,500円(1ドリンク付)
定員:40名


◆お申込み・お問合せ okeba gallery&shop
tel  0467-50-0252
mail okeba@kumazawa.jp
メールでのご予約は、お名前、参加人数、ご連絡先を明記の上、お申し込みください。
夜間、定休日のお申し込みはメールにてお願い致します。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 村石(え)
   





2016年10月13日木曜日

アトリエか猫さん個展の様子

急に秋が深まったような気温になりましたね。
本日は、そんな秋のお洋服にもぴったりな、アトリエか猫さんの個展の様子をお伝えいたします。



こちらはまゆバッグ。体に馴染む形で手触りがフカフカで気持ちがいいです^^



手持ちのAラインバッグ。後ろ側に小さいポケットが付いていてかわいらしいです。小さく見えますが、A4サイズもすっと入る大きさがあります。



続いてはがま口ポーチとトートバッグです。がま口ポーチは持ち手部分を短くしてショルダーバッグにすることも出来ます。



天井から吊るされているワンハンドルショルダーは、長さ調節が出来るので、斜め掛けにして持つことも可能です。革の持ち手なので、使い込んで育てていく楽しみもありますね。



こちらはちびトートバッグ。お子さん用のお出かけバッグにも良いですし、大人のサブバッグとしても素敵ですね。





今回は小物もとっても充実しています。ランチョンマットやコースターなど、今回限りの柄もございますので、どうぞお早めにご来店ください。



お豆形のミトン。こちらもフカフカ手触りです。これからのお鍋の季節には欠かせないものですね^^

どの形のバッグもほとんど1点ものとなります。お好きな柄をお選びになりたい方はなるべくお早目のご来店をおすすめいたします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆アトリエか猫 展

2016年10月14日(金)~30日(日)

平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00

※18日(火)は定休日となります。


作家さん在廊日:10月14日(金)、22(土)、30(日)




会場:okeba gallery&shop
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 加藤

アトリエか猫さんの個展が始まります!



2年ぶりにokebaに登場のアトリエか猫さん。今回は初の個展をしていただきます。





オリジナルのシルクスクリーンプリントのテキスタイルで、バッグや小物を作られているか猫さん。今回は秋の展示ということもあり、落ち着いたお色味のものが多いようです。



ご自分で縫製もなさるか猫さんの作品は、バッグの他にもランチョンマットや手ぬぐいなどもあるそうで、今からどんな作品たちがやってくるのかワクワクしております。

今回はokebaの2Fギャラリーでゆったりとご覧いただけるようになっております。
ぜひお気に入りを見つけにokebaに遊びにいらしてください!

******************************************************
◆アトリエか猫 展

2016年10月14日(金)~30日(日)

平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00
※18日(火)は定休日となります。

会場:okeba gallery&shop
******************************************************
staff 加藤
 



2016年10月4日火曜日

オクトーバフェスト・ミニ骨董市についてのお知らせ

オクトーバフェストのミニ骨董市の開催ですが、本年度の開催日時は、10月の9日(日)と10日(月)となりました!初日は開催いたしませんので、ご注意ください!





さて、今年もとても素敵な古道具を屋さんたちにご参加いただきます!
昨年出展していただいたh.dヴィンテージさんとその奥様、花と古道具urikke(ウリッケ)さん、そして、UND(ウント)さんにご参加いただきます!
そして、今年は新たにALEXANDER-PLATZ (アレクサンダー・プラッツ)さんが加わります!
ドイツのヴィンテージを扱われるというALEXANDER-PLATZさんのお店もまた他の方とは違うカラーがありそうでワクワクしています!


h.dヴィンテージさんとその奥様、花と古道具urikke(ウリッケ)さんは私も大ファンですが、いつもとても楽しい雰囲気のある古道具たちをお持ちいただいています♪urikke(ウリッケ)さんは今年もお花(生花)をお持ちくださるそうです!とてもセンスのある珍しいお花がたくさん並びますので、こちらもお楽しみに!
UND(ウント)さんは、あまり骨董市の出展はされない、知る人ぞ知る骨董屋さん。
出展はとてもレアですのでお見逃しなく!


ぜひ、オクトーバフェストもお楽しみいただきながら、素敵古道具を探しにいらして下さい!
お待ちしております♪


出展者のみなさんの詳細はコチラ↓↓↓

+++++++++++++++++++++++++++++++++
◆UND(ウント) /10日出展
国内外の土産的古雑貨、グラフィカルなプロダクトを扱う古物系露天商。


 

 

 


h.d.ヴィンテージ /9日(日)・10日出展
国内国外問わず 集められたデザインの優れたヴィンテージの時計や電卓 万年筆 ミニカーなどなど。




花と古道具urikke(ウリッケ) /9日(日)・10日出展
店主の好みで集まった ちょっとおもしろい古いものと 個性的な植物のお店です。






ALEXANDER-PLATZ (アレクサンダー・プラッツ)/9日(日)・10日出展

ドイツのヴィンテージ雑貨や軍物のアイテム、チェコの古絵本やリトグラフなどの商品を取り扱っています。紙モノなどの小物からアイアントランクなどの大物アイテムまで沢山の商品をごちゃごちゃと並べていますので是非のぞいてみてください。









ホームページ http://alexanderplatz-ap.com
ショップアドレス info@alexanderplatz-ap.com
Facebook www.facebook.com/alexanderplatz14m




+++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

LITMUSさん2017年ムーンカレンダー、GUNUNGさんの人気商品が入荷しました!

LITMUSさんのムーンカレンダー・2017年度版、GUNUNGさんのパンチブックカバー・パンチカップスリーブ・TUBEリップサックが入荷しました!


LITMUSさんのムーンカレンダー2017年版は、okebaが先駆けて販売開始だそうです!
今でしたら、様々な濃淡、掛・タペストリーのタイプをお選びいただけます。
飾ってあるだけでもとても素敵なムーンカレンダーは、お店をお持ちの方などにも人気です。




また、人気のアフガンストール・my first blue bag ・cap帽なども入荷しました!



また、本日GUNUNGさんのパンチシリーズのブックカバー・カップスリーブ・チューブリップサックなども入荷しました!
こちらはどんどん色が減って行ってしまうこと必至ですので、お早めにご来店ください♪




お待ちしております!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2016年10月2日日曜日

革作家nimさんのゲリラワークショップ開催中!

現在革作家nimさんの個展をokeba 1Fで開催中ですが、nimさんのいらっしゃる日はゲリラワークショップも開催しております!(基本土日祝在廊です)
大人気のカラフルキーカバーに焼ペンでお好きな絵柄や言葉を焼き付けることができます。
プレゼントにも良いですね!

参加費は1000円でこちらはお申し込み不要です。nimさんの在廊日だけの開催となりますので、詳しくはokebaまでお問い合わせください。



また、今回はnimさんが初めてリュックを手掛けてくださいました。今までもリュックが欲しいというお声はあったそうなので待望の出品です。リュックといってもnimさんの作るリュックはお写真のように
大人の女性が持ちやすいデザインです。




 ショルダー部分は下の写真のように引き上げると手提げバックのようにお使い頂けます。
優れモノです!こちらは数が少ないのでご希望の方はお早目にご来店ください。



皆様のご来店お待ちしております♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆nimのアトリエショップ展 

2016年10月1日(土)~10月12日(水)

(初日12:00~最終日~16:00)
平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00

※会期中無休



会場:okeba gallery&shop
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff吉川

2016年10月1日土曜日

「nimのアトリエショップ 展」が始まりました!


本日より、革作家・nimさんによる、「nimのアトリエショップ 展」が始まっています!
入り口にもトルソーが立ち、かわいいバッグが外からもチラリと顔を出します。


中に入っていただくと、今回の目玉・ペイントの革でできたリュックや大きなショルダーバッグ・新作のポシェット・財布などが所狭しと並びます!



2年前の展示では、1点のみの制作で、ブログなどを見て販売後のお問い合わせも多かった、「おしりバッグ」も今回は何点か制作していただいています!おしりバッグはnimさんご自身もお持ちになっていて、持っている様子を見るととても素敵!ご自身で使ってみているので使い勝手も良くておすすめだそうです!

また、常設でも人気の動物ポーチも、いろいろな種類をご用意いただいています!
木に止まるふくろうくんはこんな感じです。
他にも、ネコやクマもお待ちております!!

その他にも、ブローチ・ヘアゴム・パスケース・がま口ポーチの様々なサイズなど、たくさんの小物もご用意しております!たくさんの種類を見比べてみたい方はお早めに!



また、nimさんのいらっしゃる日には、ゲリラワークショップも開催!
簡単に自分だけのキーカバーを作ることができ、ちょっこと革作家体験が出来ちゃいます♪

こちらはお申し込み不要です!nimさんの在廊日だけの開催となりますので、詳しくはokebaまでお問い合わせください!


ぜひぜひ、お出かけください♪
お待ちしております!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆nimのアトリエショップ展 

2016年10月1日(土)~10月12日(水)
(初日12:00~最終日~16:00)
平日11:00-17:00/土日祝11:00-18:00
※会期中無休

会場:okeba gallery&shop
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石