2018年2月27日火曜日

アトリエか猫×gunung-life 二人展始まります!

アトリエか猫×gunung-life

「彼と彼女の春物語」展

 
 
3月2日(金)~15日(木)までご自身でデザインしたテキスタイルをプリント、バックや雑貨を制作まで手掛けるアトリエか猫さんと、okebaでは常設作家の、天然素材をつかった心地よい服を提供してくださるgunung-lifeさんの企画展が開催されます!
 

アトリエか猫さんもgunung-lifeさんも個展を開催しますと、いつも大人気!売り切れてしまうこともしばしば…。
アトリエか猫さんはご自分でデザインしたテキスタイルの布をすべてご自分でバックや雑貨に仕立てています。その模様のキュンとさせることはやはりそのオリジナリティのなせる業。バックや小物の仕立ても丁寧でしっかり丈夫なので型崩れせず長く使っていただけます。
gunung-lifeの作者のジュンコさんの作る「ジュンスカ」ことパッチワークのように布を継いだ模様がかわいいスカートは、いつも売り切れ御免状態…。ひとつひとつ違う模様なので自分にぴったりのものをお探しなら、まだ数のある初日がおススメです。

今回はなんと!お二人のコラボ、アトリエか猫さんのテキスタイルを取り入れた「ジュンスカ」も!!


 
布作家×布作家の生み出すエネルギーはどんな展示になるのか楽しみです。
是非是非商品が無くなってしまわないうちにお早目にお越しくださいませ。
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
アトリエか猫×gunung-life 二人展
 
「彼と彼女の春物語」
 
2018年3月2日(金)~15(木)
 
平日11:00~17:00 土日祝11:00~18:00(最終日16:00まで)
 
*アトリエか猫
シルクスクリーンプリントによるバックや雑貨を制作。千葉在住。
 
*gunung-life
洋服を中心に布物雑貨などを制作。神奈川在住。
 
◎在廊日は各作家のサイトにてご確認ください。
 
 
*work shop 「春の花のコサージュ作り」 3月4日
 
アトリエ染花(せんか)・yayoiさんを講師にお迎えして
アトリエか猫とgunung-lifeの布地を使ったコサージュを作ります。
 
11:00~12:30(デイジー)/13:30~15:00(アネモネ)
 
料金各回3000円
 
受付はokeba gallery&shopまで。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------
スタッフ村石(え)
 
 
 
 
 


2018年2月26日月曜日

草原舎さんの花苗の販売を、月に1度土日で販売致します!

秋に行っております、okeba企画の「ドングリ市」にもご出展いただいております、お花屋さんの草原舎さんに、3月から月に一度、第一土曜日・日曜日に、花苗の販売をしていただくことになりました!



写真のように、お店では生花の他に、古道具などもセレクトされているふつうのお花屋さんとは少しちがう、とてもノスタルジックな素敵なお店屋さんです。

販売されている生花なども、あまり見かけないようなお花なども多く、とてもセンスの良さを感じます。

okebaでは、お花の苗の販売になるのですが、どんなお花が並ぶのか、毎月とても楽しみです♪
上の写真はドングリ市でご出展されていた時にお持ち頂ていた花苗の写真ですので、お花の種類などは、季節によって変わります。

ぜひぜひ、ハイセンスなお花をあなあなたのお庭や鉢植えとしてむ迎えて頂いてはいかがでしょうか??
お待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆草原舎さんの花苗販売

○毎月第一土曜日&日曜日
第1回目の販売は、3月3日(土)&4日(日) 11:00~18:00となります。

※第2回目の販売は、イベントに合わせて4月7日(土)&8日(日)になりますのでご注意ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◇花屋 草原舎

〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が丘4-19-5
tel/fax 0466-52-4003

open 10:00~19:00  定休日火曜日

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff 村石(わ)

2018年2月25日日曜日

福田さとみさん『天青特別ランチ付 お茶の淹れ方WS』レポ☆




2月22日(木)に開催された、福田さとみさんの『天青特別ランチ付お茶の淹れ方ワークショップ』のレポートです。
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

今回も、「蔵元料理 天青」の麹室にて、ワークッショップ限定のランチ付のワークッショップでした。

 


寒川の『お茶のまるしげ』の店長、福田さとみさんによる、お茶の淹れ方を教えて頂きました。

 

 

 

お茶のいい香りが漂う中で、
さとみさんの"茶摘み"の歌から始まるお茶のお話は、とても興味深く、

『いつものお茶を、もっとおいしく、もっと楽しく』

という、さとみさんのお茶のへの熱意が伝わる、楽しいお話でした。
 
 

 

淹れ方を聞きながら、自分で淹れたお茶をいただきます。

三種類のお茶の一煎目、二煎目と飲み比べます。

改めて知るお茶のおいしさがありました。
 

 
 

 

ランチはワークショップでしか食べることのできない特別なメニューです。

ランチを食べながら、またお茶をいただきます🍵
 
 
 
 

 

最後に、まるしげさん厳選の練りきりとお茶で〆まして。。。
 
 
 
 

 

おいしく、楽しいワークショップでした。

 

日本人として、美味しいお茶をもっと楽しみたいと思いました🎵

さとみさん、ありがとうごさいました


 

2018年2月21日水曜日

暮らしの教室特別教室 インテリアスタイリスト石井佳苗さんにきく「自分で作る自分らしい暮らし」レポート☆

2月の特別教室は、インテリアスタイリスト・石井佳苗さんをお招きして、熊澤酒造mikichi wurst cafeにて開催しました。「自分で作る自分らしい暮らし」というテーマの下、石井さんのご自宅をスライドでご紹介いただきながら、セルフリノベーションされた体験談などをお話しいただきました
 
 

お話しは、まずどういった経緯で今回熊澤酒造で講演して頂くことになったかというところから。
実は、とある古道具屋さんで、熊澤社長がいいな!と思うと売れているものが、石井さんの売約済みのものということがとても多く、どういう方なのか興味を抱いたのがきっかけということでした。
石井さんも、時間を見つけてはご自分の好きなものを探しに、古道具店や雑貨屋さんに足を運ばれるのだとか。
いつも色々な場所にアンテナを張って足を運んでいらっしゃるということが伺えました。
お住まいなども、「インテリアをコーディネートする」という意識よりも、「好きなものものに囲まれて暮らしたい!」という気持ちが形になった、とお話しされていました。
まず初めに見せて頂いたご入居前のお住まいは、本当に今の様子を全く想像することができないものでした。

そこから、1つ1つ、こだわり抜いて石井さんのリノベーションが始まり、今では想像もできないお住まいに生まれ変わっています。
たくさんのリノベーションの体験談の中で印象的だったのは、リノベーションの真っ最中に旅行で行かれた台湾で見た窓が気に入ってしまい、その窓のデザインを取り入れたなどのお話し。突然やってみたいことをやれてしまえるのも、セルフリノベーションのいいところです!と仰る姿がとても楽しそうで、リノベーションを心から楽しまれていることが伝わりました。
また、空間の中にどのように光を取り入れるのかが、生活も左右するとても重要なポイントということを何度も強調していらっしゃいました。例えば、石井さんの浴室などは本来あまり考えられないデザインなのですが、壁の上の方に光を入れる窓を設置されていて、それが本当にやってよかった!と仰っていました。
そういったところから、既成にはとらわれない発想を取り入れることも重要ということが伝わりました。
お店に足を運ばれて様々なものや情報に触れていらっしゃるのももちろんですが、ネットや雑誌などで自分がいいと思うイメージなどを切り抜き、スクラップブックにすることもおススメということ。自分のイメージを固めるのは勿論、大工さんなどにイメージを伝えたいときにも役立つということでした。
1つ1つのお部屋、道具、素材などに対するこだわりがとても感じられ、それを諦めないこと、できないと思わずにどんどんやってみることが自分の空間を実現するために必要不可欠だということが感じられました。また、それは終わりがなく、また変えてみたい、こうしてみたいと思ったことを次々に楽しむエネルギーを持って、楽しむことが大切なのだということが伝わり、自分も少しずつでもやってみよう!という気持ちになりました。
石井さん、ありがとうございました!


[暮らしの教室から 3つの質問]
■石井さんのターニングポイント
インテリア関係の仕事をすることになった時、自分の家を持ったり、自分の好きになれる場所を持てた時。
■幸せのモノサシ
猫とボーっとしている時、好きなものに囲まれている自分の家で過ごす時間。
■これから望む社会
インテリアのお仕事をしていると、沢山の人が素敵な生活を提案しているのですが、提案している側の人たちがヘトヘトになり、そういった生活が出来ていないなんて言うことも‥みんなが時間や心にゆとりをもって幸せになれる社会

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)

2018年度、「うみのわ」中止のお知らせ

okebaの年間スケジュールにも掲載がございました、3月に開催を予定しておりました「うみのわ」vol.4ですが、本年度の開催は、開催主催者さんのスケジュールなどにより、開催を見送ることとなりました。

たくさんのお子さんたちが参加できる、環境を考えるきっかけなどになる遊びやイベント、ビーチグラスコンテストなど、楽しみにされていた方もいらしたと思うのですが、大変申し訳ございません。


また、改めて企画なども検討しまして開催が決まりましたらお知らせいたします。
どうぞよろしくお願い致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石

2018年2月16日金曜日

「遊牧民の手仕事」展がはじまりました!

 
春の足音が近づいてきている今日この頃ですが、okebaではふかふかの手織りギャベや平織のキリムが遠くイランから届きました。



キリムのクッションカバーや一人掛けの椅子にピッタリな小さめなギャベなど、イランの家庭で女性たちに脈々と受け継がれてきた織物が一堂に会します。
草木染めの糸を紡いで作られた織物はとても温かみがあり、1点1点に特別感があると思います。

 
いつものように、ちょっとしたほつれなどがあり、格安で出ているギャベなどもございます。
他にも大きさも様々な手押しの更紗のテーブルクロスやクッションカバーなどのお得なお品物もたくさんご用意いただきました。
 
 
こちらも毎年ご好評をいただいている、イランのおばあちゃんの手編みのルームシューズです。
ウールとアクリル毛糸のものがあり、アクリルのものでしたらお洗濯も可能です。
ショートサイズとふくらはぎまですっぽりと覆われるロングタイプがございます。
贈り物などにもされる方も多いお品物です。
 
 

そして今回は2Fにイランの職人さん手づくりの、手吹きガラスのコーナーを設けました。
ガラス製品の他に、ジャジムという織物で作ったバッグもございます。
こちらは無くなり次第終了となりますので、どうぞお早目のご来店をお勧め致します。



今回はイランバザールで仕入れたシルバーアクセサリーのパーツもたくさん持ってきていただきました。天然石付きのものもありますので、こちらもどうぞご覧になってください。
みなさまのお越しをお待ちしております。

*************************************************************
「遊牧民の手しごと展」
 ○2018年2月16日(金)~2月27日(火)
 
※20日(火)定休日

 平日  11:00~17:00
 土日祝 11:00~18:00
*************************************************************
staff 加藤

2018年2月10日土曜日

恒例のサミットさんの展示が始まります

この時季の恒例となっております
サミットさんの展示販売が今年も始まります。
 
 
恒例になっておりますカラフルなマースレー地方の手編み靴下
手織りのキリム、ギャベ、部族の絨毯、トライバルラグなど
素敵な柄の商品を沢山お持ちくださいます。
 
毎年人気ですぐに売り切れになってしまう
クッションカバー、バッグなどの小物もございます。
 
 
 
 
また今回の展示販売では
好評のイランの手吹きガラスの規格外品の他にも
イランバザールで仕入れたシルバーアクセサリーを
こちらに初めてお持ちくださいます。
 
 
一点物の遊牧民の作品の中から
独特の世界観を感じてみてください。
 
*************************************************************
遊牧民の手しごと展
 2018年2月16日(金)~2月27日(火)
 ※20日(火)定休日
 平日  11:00~17:00
 土日祝 11:00~18:00
*************************************************************
staff 前田

2018年2月7日水曜日

「春の花のコサージュ作り」ワークショップ開催!

昨年、10月にも開催して頂き、大変ご好評いただきいました、アトリエ染花さんのyayoiさんによる、コサージュを作るワークショップが3月4日(日)に開催いたします!

今回は、前回とお花の雰囲気がまたちがいます!
と、いいますのも、お花の種類も違うのですが、今回のワークショップはこの時期に開催中の「彼と彼女の春物語」展のコラボ企画となりますので、展示中の作家さんである、アトリエか猫さんと、gunung-lifeさんの生地を使用したコサージュとなります!


どちらも布を使用した作品の作家さんですので、お二人の生地を使わせていただこうという企画になりました!





選ぶ生地によってだいぶ雰囲気の違うものが出来上がりそうですし、コラボ企画ということで、この時だけのコサージュを制作できるという貴重な機会になります♪参加者の方たちが、どんなコサージュを作り上げるのか、とても楽しみです!

ぜひぜひ、お誘いあわせの上、お申し込みください!
お待ちしております♪
※お申し込みは、定員に達しましたら締め切らせていただきます。予めご了承ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

【ワークショップ内容】

アトリエ染花(せんか) yayoiさんを講師にお迎えしてのコサージュワークショップです。

今回はokeba gallery & shopにて3/23/15まで開催のアトリエか猫×gunung-life 二人展「彼と彼女の春物語」とコラボ企画!

yayoiさんの染めた生地とアトリエか猫とgunung-lifeの布地を使ってかわいい春の花のコサージュを作ります。この時だけしか作れないコサージュとなります!

1部ではデイジー。2部ではアネモネ。どちらも5センチ(茎を入れて10センチ)くらいのコサージュです。

是非、春の装いに手作りのフラワーコサージュを加えてみてはいかがでしょうか?
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
◆春の花のコサージュ作り
2018 3 4()
11:0012:30 (デイジー)
13:3015:00 (アネモネ)
1部と2部でお花が変わります。
◇定員  6
◇講師  yayoi
◇参加費  3,000
◇持ち物、はさみ、木工用ボンド 、目打ち、お手ふき
 
■お申込み・お問合せ:okeba gallery&shopまで
mail:okeba@kumazawa.jp/tel:0467-50-0252
※夜間及び定休日のお問い合わせはメールにてお願い致します。
※お名前(複数の方お申し込みの場合は人数と代表者様のお名前)、ご連絡先をお知らせ下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
staff村石(わ)
 

 

2018年2月2日金曜日

キカキカクさんの展示はじまりました!

 「キカキカクのオケバキカク」

 
 
 
はじまりました!キカキカクさんのオケバキカクです。
そばちょこそばちょこそばちょこがたくさん並びました!
 
 
箸置きもたくさん!まだまだありますよ~
さりげない模様と大きさのバランスが普段使いにいいです。
 
 
豆皿一つ一つに模様が丁寧に。ほっこりもさせる。
 
 
スープ皿に使えそうな器。和でも洋でもいけるのです。
 
モダンでかつさらっとしているので普段使いにぴったり。
 
春爛漫な花柄は数が少ないのでお早めに~
おもちゃのようなアクセサリーは形が洗練されているので
子供っぽくなりすぎずオススメです…。
 
オブジェもございます。雪のオーナメントがかわいい。
 
 
そしてなんと!今回2,000円以上お買い上げいただいたお客様には、
写真の箸置きを一つプレゼント!数に限りがありますのでお早めに♬
(お一人様おひとつ限りとさせていただいております。)
 
是非キカキカクさんのオケバでの素敵なキカクをご覧にいらしてください♪
 
 
*********************************************************************

 
「キカキカクのオケバキカク」
 
〇2018年2月2日(金)~14日(水) 会期中無休
 
平日11:00~17:00 土日祝11:00~18:00(最終日16:00まで)
 
税込2000円以上のお買い物で、お箸置きプレゼント!先着順・お一人様1点限り
 

キカキカク 村山 匠・渡辺 愛
 
 
web : http://kikakikaku.jimdo.com/

mail : kikakikaku@gmail.com

 

250-0004

神奈川県小田原市浜町2丁目915

(店舗ではございませんので、御用の際はメールなどでご連絡ください)
 
 

 
*************************************************************************
staff 村石(え)